ブログネタ
.気になったニュース11 に参加中!
kokkai

美月でありんす。
首相、安倍晋三が「成長戦略実行国会」と位置付ける臨時国会が15日、幕を開けた。
会期は12月6日までの53日間。衆参のねじれが久々に解消して臨む国会の所信表明演説を、安倍は「『決める政治』によって国民の負託にしっかりと応えていこう」と締めくくりんした。
自信に満ちた安倍の「1強」に対抗しようと動き出した3人がいんす。
安倍の演説が終わった15日夕、衆院第1議員会館の地下にある会議室は、民主党、日本維新の会、みんなの党の中堅・若手議員ら約60人であふれかえっりんした。
「新しい社会保障制度を確立し、世代間格差を是正するための研究会(新世研)」の設立総会。「今日はHEMと呼ばれる皆さんも出席していただいた。千里の道も一歩からと言う。安心できる日本をつくりたい」。研究会の共同代表の1人、維新1年生の馬場伸幸があいさつしたそうでありんす。
「HEM」とは、民主前幹事長の細野豪志、みんな前幹事長の江田憲司、維新国会議員団幹事長の松野頼久の3人の頭文字を取った呼び名でありんす。
設立総会には江田と松野が駆け付けた。野党再編をにらんだ動きは、参院選投開票日の7月21日、当時いずれも幹事長だった3人の会合が表面化してから活発化し始めんした。
今月9日夜、東京・紀尾井町のホテルニューオータニのバーに、HEMを含む3党の十数人が集まったそうでありんす。
民主の笠浩史、維新の小熊慎司、みんなの柴田巧のほか、みんなを離党していまは無所属となった柿沢未途も出席。
「わっちは当選△回の××でありんす。よろしくお願いしんす」などと自己紹介から始まりんした。
15日の「新世研」の初会合に出席したのは民主とみんなからそれぞれ約10人、維新からは最も多い30人強が参加しんした。
民主は当選4回の津村啓介や笠、当選3回の小川淳也や柚木道義ら細野を慕うメンバーが多いんでありんす。
維新の馬場は大阪維新の会の副代表でもあり、みんなの江田と合流を模索した維新幹事長の松井一郎にも近いんでありんす。
16日には3党の有志議員が防衛政策に関する勉強会を開き、約40人が集まったそうでありんす。
維新の石関貴史は記者団に「仮に合流するとなった場合にも、お互いのスタンスが分かっていた方がいい」とあけすけでありんす。
3党とも内部にごたごたを抱えていることも、若手の再編機運を高めている。
民主内では代表、海江田万里を支持する旧社会党系を中心にリベラル勢力の結集を模索する動きもあるが「旗頭がみつからない」のが実情。
前首相、野田佳彦や元代表の岡田克也らいわゆる「6人衆」は執行部と距離を置き、かつて自民党との大連立を模索したこともあってか野党再編には様子見でありんす。
細野は参院選敗北の責任をとって幹事長を辞任したが、党内では「『ポスト海江田』にらみで再編の主導権を握ろうとしている」とささやかれる。
江田や松野らとの会合では民主内の現状に「今は黙ってればいいんだという人が多すぎる」と不満を漏らしたといいんす。
16日の衆院本会議でも海江田の代表質問への党内若手の拍手はまばらで、安倍の答弁へのヤジも少なかったでありんす。
維新は参院選に続いてお膝元の堺市長選でも敗北し、若手を中心に「展望がみえない」との声が高まっている。
みんなも新党結成をにらむ江田と、党の存続を前提とする「政党ブロック(連合)構想」を掲げる代表の渡辺喜美との路線対立が抜き差しならない状態でありんす。
だが3党は消費増税や憲法改正など主要政策でバラバラ。
超党派の勉強会がにわかに活発化しているのは、高支持率を維持する安倍の独走状態に、再編にしか活路を見いだせなくなっている裏返しでもありんす。
【お気に入りリンク】
カタログギフト人気
http://www.xn--lckgf3d4b9d6hl55v7hzc.biz/
人気のカタログギフトは最近は進化に進化を遂げ、こ・こねえなカタログギフトが届いたら、わっちだったら大喜び・・・・・してしまいんす!
これだったら貰った人みんなが納得間違いなし!!・・・・・でありんすよね!